トイレの水漏れ修理の応急処置

トイレから水漏れが起こった場合は、快適な状態で使用するためにできるだけ素早く問題の箇所を直していく必要があります。しかし、場合によってはすぐに直してもらうのが難しいケースなどもあります。また業者が来るまでの間、これ以上水が漏れないための応急処置などもしておくと、被害が拡大することが少なくなるので安心です。では、自分でできる修理前の応急処置について紹介します。いざトラブルが発生した際には、修理前にしっかり応急処置をしておくと良いでしょう。

■止水栓を閉める

まず、最初にトイレで水漏れが起こった際にして欲しいことが止水栓を閉めるということです。そのままの状態で放置しておくと、水漏れが続く恐れもあります。止水栓というのは、閉めることによって水の流れ自体を止めます。この行為によって、被害の拡大を防ぐことができるケースもあります。
止水栓にはいくつかのタイプがあります。マイナスドライバーを使ってしめるものとハンドルタイプのものです。ハンドルタイプに関しては手で締めることができますが、マイナスドライバーが必要な止水栓があることも覚えておきましょう。止水栓は、トイレの配管のあたりにあるので一度止水栓の場所を把握しておくと安心です。

■パテを使用する

トイレから水漏れが起こってしまう原因は一つではありません。そのため、水が漏れてしまう箇所というのも複数考えられます。中でも、便器自体から水が漏れてしまっているケースに関しては、基本的に結露によるものか便器自体にヒビが入っているものと考えられます。
結露が原因であればなんとか対応することもできますが、ヒビが入っているケースですと丸ごとトイレの交換をしなければいけません。また、ヒビが入っていれば水が常に漏れてしまう可能性も考えられます。そのような場合は、パテを使用しヒビ割れている箇所を補修するという方法があります。しかし、そのままにしておくこともできないので業者を呼んで対処してもらうようにしましょう。

■まとめ
自分で修理前にできる応急処置というのはいくつかあります。それをするかしないかで、被害の大きさも変わってきます。もしもトイレから水漏れが発生した場合はこれ以上被害が広がらないように、まずは自分でできる応急処置をしておきましょう。それを行った上で業者に修理を依頼するようにすれば、被害を最小限にした上で修理を進めてもらうこともできるので、しっかり覚えておき、いざというときに対処していきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ